任意整理 メリット

任意整理は官報に載らない

任意整理のメリットとして、

 

官報に掲載されない

 

があります。

 

自己破産や個人再生は官報に住所、氏名が掲載されますので、そこから家族や会社にバレる可能性があるんですよね。

 

官報を細かく見ている人間は少ないですが、今はインターネットで過去の官報を検索できますし、破産者の情報を見てダイレクトメール(DM)を送ってくるヤミ金業者もいます。

 

必ず送ってくるわけではありませんが、闇金業者からの手紙やハガキが来れば、それを見た家族に不信感を与えるのではないでしょうか。

 

しかし任意整理なら、家族に内緒で手続きを進められますし(保証人になっていれば別です)、官報に名前・住所が載らないので、任意整理後に闇金からDMが来ることもないでしょう。

 

そのようなメリットも、任意整理にはあるんですよね。

 

家族に内緒で進めやすい任意整理

 

任意整理を弁護士や司法書士に依頼しても、連絡のやり取りさえ気を付ければ、家族にバレる可能性は低いですよ。良心的な法律事務所なら、周囲に内緒で進める協力をしてくれます。

 

たとえば、固定電話ではなく携帯電話にかけてくれたり、郵便物を郵便局留めや手渡しにしてもらえたり。

 

借金問題が得意な弁護士、司法書士なら、そのようなやり取りにも慣れているはずです。

 

私も任意整理体験者ですが、周囲には全くバレなかったですね。

 

クレジットカードのキャッシング、ショッピング、銀行のカードローン合わせて200万の借金を任意整理したのですが、自分から言わない限り周りにバレませんでした。

 

クレジットカード作成時の会社はすでに辞めていましたが、借金滞納して不安だったのが…

 

「もしかしたら前の会社に連絡がいくのでは?」

 

ということです。

 

法律事務所へ依頼すれば、借金取り立てがストップ

 

任意整理前に会社の在籍情報を変更していましたが、それでも「貸金業者から連絡がいったらどうしよう…」と不安でした。それは今現在、働いている会社でも同様です。

 

貸金業法という法律の中に、「取り立てに関する規制」はありますが、貸金業者からの連絡を無視し続ければ、勤務先に連絡が来ることがあります。

 

その際は個人名でかかってくるのが基本ですが、それでも唐突な電話は怪しまれますし、何となく雰囲気で、消費者金融やカード会社からの電話と職場にバレるものです

 

しかし弁護士や司法書士に任意整理を依頼し、受任通知が貸金業者に届いた後は、そのような心配から解放されますよ。やり取りは全て、依頼先の法律家が行ってくれますし、それは法律で決まっていることです。

 

なので借金の取り立てに怯えている場合も、法律事務所へ任意整理を行って下さいね。本当に取り立てがストップしますから(私の実体験です)

 

債権回収の電話や催促のハガキが止まるだけで、夜もぐっすり眠れるのではないでしょうか。

 

借金返せない時の街角相談所-法律-

関連ページ

任意整理は家族に秘密で出来る?
任意整理は家族に秘密で手続きを行えるのでしょうか? 結論から申し上げると、弁護士に依頼すれば、家族に内緒で任意整理できるケースが多いですね。
借金200万 任意整理
借金200万を任意整理で返済しています。任意整理は利息カットされるので、毎月しっかり元本が減りますね。
借金返済コツ 任意整理
借金返済のコツに任意整理がありますね。他にも家計簿を付けたり、浪費よりも投資を意識してみて下さい。見る見る借金が減るかもしれませんよ。